目前分類:日文短篇讀物 (2)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

這是三隻小豬遇到粉紅豬小妹的【故事】

很久很久以前,有個地方住著三隻小豬。

むかしむかし、あるところに、三匹の子ブタがいました。

みんなの名前は、他們的名字是

大豬:『私は大ブタです』

中豬:『私は中ブタです』

小豬:『私はブタです』

自我介紹 : 我是大豬 『私は大ブタです』

主題是我,助詞 表示之前的名詞是句子的主題,說話人用 來提示想說的主題。再加上各種敘述構成句子。

文章標籤

菲雯麗公主 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

當三隻小豬遇到粉紅豬小妹的故事 ~ 三匹の子ブタ VS Peppa Pig 基本文法 ~ 解釋版 日文話劇【改編劇本】

 

 

三隻小豬

 改編 : 自己

參考書 : 大家的日本語初級I

沒有中文解釋,你都看懂了,就繼續邁向第二本!

images  
  

【故事】

  •  場景序

旁白

むかしむかし、あるところに、三匹の子ブタがいました。

みんなの名前は、

大豬:『私は大ブタです』

中豬:『私は中ブタです』

小豬:『私はブタです』

  • 場景1

旁白

三匹の子ブタが毎朝一緒に遊びます。8時ごろみんなパーティーをします。それから、うちへかえります。そして、みんな食事をします。

齊聲:『いい 天気ですね。

大豬:『おなかが すきました。

小豬:『もう 12時ですよ。昼ごはんを 食べに行きませんか。

中豬:『ええ

小豬:『どこへ 行きますか。

大豬:『そうですね。きょうは を母さんの料理が 食べたいですね。

中豬:『じゃ行きましょう。 

  • 場景2

旁白

三匹の子ブタは家に帰ります。

うちは静かなところにあります。うちのとなりにきれいな海があります。海のまえに山と桜の木があります。海と山の間にうちがあります。

大豬開門齊聲:『ただいま。

豬媽媽:『お帰りなさい。

大豬:『何か食べたいものかある。

中豬:『わたしは てんぷら定食。

小豬:『わたしは牛どん。

大豬:『わたしは すき焼きが食べたいです。

豬媽媽:『ちょっとまって

豬媽媽:『あなた達は遊ぶことしかできなくて、本当にしょうがないわね。

いい、いて、あなた達はこれから別々に自分達の生活をしてちょうだい。

小豬:『どうして。

大豬:『私たちは住む家がないのよ。

中豬:『そうね。

豬媽媽:『頑張って、やってみなさい

齊聲:『わかりました。

豬媽媽:『いいこね。

  • 場景3

中豬叫住大豬:『ちょっとまって。』『お兄さんはどうなうちが欲しいですか。

大豬:『きょうは疲れましたから、何もしたくないです。

中豬:『そうですね、大変でしたね。』『きょうは何をしますか。 

大豬:『あのう、』『午後は友達とお花見をします。』『中豬も いっしょに行きませんか。

中豬:『いいですね、どこへ行きますか。

大豬:『うちの近くの公園です。

中豬:『何じですか。

大豬:『2じです。公園の木のしたであいましょう。

中豬對小豬:『弟も いっしょに行きませんか。

小豬:『ちょっと、

中豬:『だめですか。

小豬:『ええ、お母さんと約束が ありますから、、、。

中豬:『そうですか。残念ですね。

小豬:『ええ。また 今度お願いします。

中豬:『ブタどんなうちがすきですか。

小豬:『ひろくてたかい建物。

中豬:『すごいですね。

  • 場景4

旁白

そして三匹の子ブタは、それぞれ自分のおうちをつくる事になりました。

大ブタちゃんは、ワラのおうちをつくる事にしました。

大豬一邊動作一邊說:ワラをなわでしばって、ギュッ、ギュッ、ギュッ、はいすぐに出来上がりました。

旁白

中ブタちゃんは、木のおうちをつくる事にしました。

中豬一邊動作一邊說:まず柱を立てて、まわりにならべた木にクギをうって、トントントンと、はい出来上がりました。

旁白

じゃ、こブタちゃんはいかがですか。

小豬:ぼくのおうちはワラでも木でもない、かたくてじょうぶなレンガでつくろう

旁白

レンガを運んで、レンガをつんで、

小豬:ヨイショ、ヨイショ、ヨイショ、時間はかかりましたが、ようやく出来上がりました。』『ワーイ、出来た、出来た

旁白

自分たちのお家が出来て、三匹の子ブタはとてもごきげんです。

  • 場景5

旁白

すると山に住んでいる悪いオオカミが、ワラのおうちにやって来ました。

大豬:『わたしは毎日何もしません。どこもいきません。

大野狼在遠處說:『あそこにだれいます。

在近處說:『そこに子ブタがいますね。いいですね。

在稻草屋前說:『なんとおいしそうな豚肉でしょう

大野狼敲門、『トントントン

大豬:『はい。どなたですか。

大野狼:『わたしはオオカミ』『大ブタくん、大ブタくん、ここを開けておくれ。ぼくをお家に入れておくれ』

大豬:『とんでもない

大野狼:よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!

旁白

するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

オオカミがほっペをふくらませて、フーッと息をふいたら、ワラのお家はバラバラにふき飛んでしまいました。

大野狼撲向大豬:『いただきます。

大豬嚇跑:『わーオオカミだ、たすけてー。

大豬跑到中豬的家:『大変、大変。助けてください

  • 場景 6

中豬:『わたし毎朝7時におきます。朝ごははいつもパンとコーヒーです。散歩で公園へ行きます。公園は9時から12時までです。12時にうちへ帰ります。12時半に昼ごはんを食べます。

旁白

やがてオオカミは、木のお家にやってきました。

大野狼:『そこにおいしそうな2匹の子ブタがいますね。

中ブタくん、中ブタくん、ここを開けておくれ。ぼくをお家へ入れておくれ。

旁白

大ブタちゃん中ブタちゃんはビックリして

中豬:『やめて。やめて。私を食べないちょうだい。

大豬:『ここのうちは大丈夫かな。

中豬:『わかりません。

大野狼:よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!

旁白

するとオオカミは、恐ろしい声をだしました。

木のお家は、バラバラにこわれてしまいました。
オオカミは、レンガのお家へやってきました。

  • 場景 7

大豬和中豬齊說:『しまった。しまった。オオカミが来た。

小豬,『はやくいえにはいりなさい。

小豬:『もう大丈夫です。

中豬:『本当に。そのオオカミはすごいですよ。私の家はもう吹き飛ばされたんです

大野狼:よーし、そんなら、こんな家なんか、おれさまのじまんのいきで、ふき飛ばしてやるぞ!

旁白

するとオオカミは、恐ろしい声でどなりました。

兩隻豬又發抖地抱在一起:『やめて。やめて。わたしたちを食べないちょうだい。

旁白

オオカミがフーッと息をふきましたが、レンガの家はなかなかこわれません。

オオカミはもっと勢いをつけ、レンガの家に体当たりでぶつけました

でも、レンガの家はビクともしませんでした

オオカミは、うなりました。

齊聲:『やった。』

中豬:『やつぱり素敵なレンガの家。』

小豬:『もちろん。

大豬打呵欠:『わたしは寝むりたいです。

中豬:『わたしはてんぷらを食べたいです。

こぶたくん、食べ物はありますか。チョコレートとアイスクリームとか。

小豬準備道具〈蘋果和茶杯〉:『りんごとお茶はいかがですか。

中豬:『ありがとう。

小豬:『お茶、もう1杯いかがですか。

中豬:『いいえ、もう結構です。

  • 場景8

大野狼:おぼえてろ。こうなったら煙突からおりて、ブタのやつを食べてやるぞ!

旁白

それを聞いたちいさいブタちゃんは、大急ぎで大きなナベにお湯をわかしました。

火をドンドン燃やしたので、お湯がグラグラとわきました。

煙突からおりてきたオオカミは、そのお湯の中にボチャーン! と落ちました。

大野狼:あつい、あついよー! 助けてくれー!

旁白

泣きさけんだオオカミ、泣きながら山に逃げていきました。

助かった大ブタちゃんと中ブタちゃんは、ブタちゃんのレンガの家で、なかよく暮らしました。

齊聲:『万歳。』

 

 

 

おしまい

結束

 

文章標籤

菲雯麗公主 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()